ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2020.01.14 Tuesday

椿井町延命地蔵尊

椿井町延命地蔵尊

 

SIGMA  DP2Merrill

f:4 1/160 ISO100 −1.3EV

30mm(45mm/35mm換算)

撮影地:奈良県奈良市椿井町

 

2020.01.12 Sunday

豊富な壁書き

豊富な壁書き

 

SIGMA  DP2Merrill

f:4 1/320 ISO100 −1.3EV

30mm(45mm/35mm換算)

撮影地:奈良県奈良市椿井町

ミアズブレッド椿井店

旧山口時計店

 

2020.01.12 Sunday

旧山口時計店

旧山口時計店

 

SIGMA  DP2Merrill

f:4 1/160 ISO100 −1.3EV

30mm(45mm/35mm換算)

撮影地:奈良県奈良市椿井町

ミアズブレッド椿井店

旧山口時計店

 

グリーンラインのある道は

旧、中街道。今は小西さく

ら通りとして、同じ向き?

の東向、餅飯殿、下御門の

商店街に追随しているが、

もともと法蓮から京終(き

ょうばて)に至る旧県道で

沿道には豪商が甍を連ねて

いたと伝わる物流の道。

 

2020.01.06 Monday

スクラッチ・タイルの時代

スクラッチ・タイルの時代

 

SONY DSC-RX0

ZWISS Tessar T*

f:4 1/320 ISO125 −0.7EV

8mm(24mm/35mm換算)

撮影地:滋賀県大津市

浜大津1丁目

旧大津公会堂

 

昭和前期の面影を留め

る旧大津公会堂。躯体

は戦前のものに最新の

耐震補強を施し、屋上

屋根も二重化。外壁面

を覆うスクラッチ・タ

イルは建築当初のもの

を可能な限り残した上

で、信楽焼の特製品に

貼り替えて、面目を新

たにした。スカーレッ

ト!いいえ、恐るべし

信楽焼。

 

2020.01.06 Monday

昭和戦前レトロ

昭和戦前レトロ

 

SONY DSC-RX0

ZWISS Tessar T*

f:4 1/800 ISO125 −1.3EV

8mm(24mm/35mm換算)

撮影地:滋賀県大津市

浜大津1丁目

旧大津公会堂

 

新旧壁材タイルのコラ

ボレーション。古いも

のはそのままに、剝れ

てしまった物は雰囲気

を復元した信楽製に。

 

2020.01.06 Monday

かど萬ビル

かど萬ビル

 

SONY DSC-RX0

ZWISS Tessar T*

f:4 1/800 ISO125 −1.3EV

8mm(24mm/35mm換算)

撮影地:滋賀県大津市

中央1丁目

 

創業120年の近江牛専門

店かど萬。『おおつうし

ん』(枚方つーしん、み

たいな地域情報サイト)

によると、改築は2017

年。

 

2020.01.05 Sunday

モデルは神戸の洋館建築

モデルは神戸の洋館建築

 

SONY DSC-RX0

ZWISS Tessar T*

f:4 1/1600 ISO125 −0.7EV

8mm(24mm/35mm換算)

撮影地:滋賀県大津市

中央2丁目

島林南強堂書店


画面右側の進入禁止道路

(西行きの一方通行)が

旧東海道。前の道は山側

の東海道線大津駅から浜

側の浜大津駅へ向かう幹

線道路(県道7号線)。

長年、交差点に聳え風雨

に耐えてきた旧、上小唐

崎町の名物建築。建築当

時、施主と棟梁、行き交

う多くの人々が誇りをも

って見上げたであろう書

店も今はよれよれ感が否

めない(余計なお世話)

。街並みが歯抜けとなり

、残る店もシャッター店

舗と化している今日、こ

の店を中心に二つの道が

かつての賑わい復活とな

ればと、ふと想像した。

 

2020.01.05 Sunday

島林南強堂書店

島林南強堂書店

 

SONY DSC-RX0

ZWISS Tessar T*

f:4 1/2500 ISO125 −1.3EV

8mm(24mm/35mm換算)

撮影地:滋賀県大津市

中央2丁目

 

東海道の交差点角地に立つ

年季の入った木造2階建て

洋館書店。20年ばかり前に

ここで何かの本を買った記

憶がある。雑誌?不思議な

感じを伴うのは、建てられ

た昭和初年、施主が大工同

伴で神戸に赴き、特徴ある

館を見て回ったためと管見

に伝聞している。師走暮れ

でもあり、鎧戸を下ろした

人気のない店舗は、書物斜

陽の時代を象徴するかのよ

うに思われた。


2020.01.05 Sunday

旧大津公会堂

旧大津公会堂

 

SONY DSC-RX0

ZWISS Tessar T*

f:4 1/1250 ISO125 −0.7EV

8mm(24mm/35mm換算)

撮影地:滋賀県大津市

浜大津1丁目

 

昭和戦前のレトロ建築大津

公会堂。国指定の近代化産

業遺産として今なお京阪び

わ湖浜大津駅傍らに威容を

留めている。現在は居酒屋

などが、入居しているが建

物のファサードは往時のま

ま。飾り窓やスクラッチ・

タイル、東側正面車止めの

ワンポイントなど、見る者

を楽しませてくれている、

一方で非公開の屋上には戦

時中の高射砲陣地跡(改修

により遺されていない)や

など、湖国が巻き込まれた

暗い歴史の記憶遺産でもあ

る。

 

2020.01.04 Saturday

浜町森本家住宅主屋

浜町森本家主屋

 

SONY DSC-RX0

ZWISS Tessar T*

f:4 1/1250 ISO125 −0.7EV

8mm(24mm/35mm換算)

撮影地:滋賀県大津市浜町

国指定有形文化財

森本家住宅主屋

 

2019.12.30 Monday

展示施設と水庭上部

展示施設本体と水庭

 

SONY DSC-RX0

ZWISS Tessar T*

f:4 1/250 ISO125 −0.3EV

8mm(24mm/35mm換算)

撮影地:大阪府大阪狭山市

池尻中2丁目

大阪府立狭山池博物館

水庭上部(3F)

 

2019.12.30 Monday

堤体を収めるために

堤体を収めるために

 

SONY DSC-RX0

ZWISS Tessar T*

f:4 1/50 ISO400 −1.3EV

8mm(24mm/35mm換算)

撮影地:大阪府大阪狭山市

池尻中2丁目

大阪府立狭山池博物館

 

2019.12.30 Monday

樋の内部

東樋内部

 

SONY DSC-RX0

ZWISS Tessar T*

f:4 1/50 ISO2000 −1.3EV

8mm(24mm/35mm換算)

撮影地:大阪府大阪狭山市

池尻中2丁目

大阪府立狭山池博物館

 

最近の流行なのか、狭山池博

物館でも特別展示資料以外の

撮影が認められている。こう

やって保存展示されているも

のが少しでも多くの来客(研

究者は勿論のこと)に追記録

され、未来に残されてゆけば

と、社寺など個人所有の宝物

を見る度に思ってしまう。20

19年の災厄のように焼けてし

まえば何も残らないのだから

、欧米の美術館のように重要

なものは近接検知装置、防犯

システムでカバーし、日本の

ように硝子で仕切るのではな

く、オープンな展示で撮影が

許される理想の形がそろそろ

実現されてもいいのではない

かと思った2019年であった。

 

2019.12.28 Saturday

狭山池博物館 水庭

狭山池博物館 水庭

 

SONY DSC-RX0

ZWISS Tessar T*

f:4 1/160 ISO125 −1.3EV

8mm(24mm/35mm換算)

撮影地:大阪府大阪狭山市

池尻中2丁目

大阪府立狭山池博物館

 

日本最古のため池といわれる

狭山池に関わった土木技術と

考古学の融合博物館として狭

山池畔に建てられた大阪府立

狭山池博物館。設計は府立近

つ飛鳥博物館などの設計で知

られる安藤忠雄氏。ポストモ

ダンの旗手による斬新な建築

は見るものにとって、何らか

の意味があるんだろうけれど

博物館にそこまでするのか?

と思わせるに値するオブジェ

感満載の建築である。顔とな

る中庭「水庭」を眺めつつ、

エレベータで1階に降り、廊

下と階段で受け付けのある2

階に上がる構造はバリアフリ

ーに逆行できる?最後の時代

の「遺構」。窓のない無機質

な直方体の箱のような展示施

設は、地層断面の観察をしな

がら堤体の切り身を回りこみ

過去の時代に遡る手法で、巨

大な堤体遺構を保存する立体

的展示のための「装置」。で

は館内に建造物の嫌がる水を

貯える広い水庭の存在、防水

や経年劣化による雨漏り対策

は?千年を越える遺構に対し

、現代建築の挑戦を感じさせ

られる不思議な箱物である。

 

2019.12.28 Saturday

狭山池博物館 旧取水塔

狭山池博物館 旧取水塔

 

SONY DSC-RX0

ZWISS Tessar T*

f:4 1/50 ISO320 −1.3EV

8mm(24mm/35mm換算)

撮影地:大阪府大阪狭山市

池尻中2丁目

大阪府立狭山池博物館

 

縦長の巨大な直方体の建物が

聳える「理由」のひとつにこ

の昭和の取水塔と樋遺構の一

体的な保存があった。老朽化

により施設と堤体の改修が行

われた昭和末期、そのままで

は解体撤去されたであろうこ

の取水塔も遺構と併せて、博

物館に移設され、なおかつ屋

内で展示物としての役割を果

たしている。

 

Powered by
30days Album