ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 或るアプローチ | main | 上層復元 >>
2018.06.30 Saturday

存在感の鬩(せめ)ぎ合い

存在感の鬩ぎ合い.JPG

 

SIGMA DP3merrill

f:6.3 1/320 ISO100 −0.3EV

50mmMacro(75mm/35mm換算)

撮影地:東京都千代田区丸の内1丁目9

JR東日本 東京駅 丸の内口駅舎

 

東京駅の長い歴史の中で度々浮上した

改築計画。スクラッチ&ビルドの安易

な風潮の中で空襲焼失を潜り抜け、長

い間仮復旧であった台形屋根2階建て

の丸の内駅舎は平成24(2012)年、建

設当初の姿を取り戻した。高村智恵子

によって「空がない」と揶揄された東

京で、ビルの谷間に生き続けてゆくで

あろう明治の名建築は、それ以外のも

のでは成しえない抜群の存在感でその

位置をキープしている。

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album