ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 陽射しの温もり | main | 倉治の朝 >>
2019.04.13 Saturday

ビレッジハウスの幹桜

ビレッジハウスの幹桜.JPG

 

SIGMA DP3merrill

f:4 1/640 ISO100 −0.3EV

50mmMacro(75mm/35mm換算)

撮影地:大阪府交野市東倉治1丁目

ビレッジハウス倉治

(旧雇用促進事業団倉治アパート)

 

高度成長期、石炭から石油への燃料

革命を受けて多くの炭鉱が閉山し、

炭鉱離職者たちが溢れる中、国は雇

用促進事業団を作り全国に雇用促進

宿舎(アパート)を建設しました。

また、地方行政も炭鉱離職者を受け

入れるため、九州や東北、北海道に

キャラバン隊を送り、新たなる雇用

、住まいの確保をアピールし、人々

は長年住まいした炭鉱の地から、各

地に移り、新たに根付いて行ったの

でした。今次、小生が僑居に選んだ

倉治アパートも元はと言えば築56年

の雇用促進住宅。日本人の体格基準

がオトコ5尺であった頃?の共同住

宅は、体格の良い現代人からみれば

やや体を屈めての生活となります。

そんな全国の昭和レトロアパート群

がソフトバンク系の住宅会社の所管

になったのはつい最近のこと。引受

先のなかったクラシック・アパルト

マンにも民活導入の波が寄せてきま

した。果たして吉と出るのか否か。

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album